ホーム ≫ インプラント ≫ インプラント治療の最新技術『これまでの治療法を変えるガイデットサージェリー』

インプラント治療の最新技術
『これまでの治療法を変えるガイデットサージェリー』〜北海道経済より

インプラント治療は広まっている

当院が、北海道経済の取材を受けました。(※その時の掲載内容を掲載しています)

インプラント治療は、すでに歯を失われた人に選択の一つになる治療法になってきた。
歯を失うとその喪失感、食べづらさからくる不便さや消化不良、見映えの悪さ、
さらに他の歯を削りたくない歯を削ることへの抵抗感、
入れ歯への失望感といった大きな問題を経験することになる。
さらに、歯を無いままにして放っておくと、これらの不満は増し、 何の問題も生じなかった別の歯までぐらつき抜けることになる。

失った歯のあごが徐々にやせて入れ歯が合わなくなり、
あごが変形してきたような感じを受けるジレンマに陥ることも考えられる。
こういった悩みの解消にインプラント治療は、
アンチエイジングなどと呼ばれているこの時勢になっては、
現代人には必要な治療法といえそうだ。

インプラント治療の問題

ではそのインプラント治療は、元々自分の歯があった場所に
チタン製のネジ(インプラント体)を埋め込み、それと骨の結合治癒を待って、
その上、元の自分の歯に近い人工的に作成された歯を固定する事によって、
口の中を機能的にも審美的にも回復させるという治療だ。
しかし、その治療方法は簡単ではない。悪くなった咬み合わせを治していきながら、
審美性の回復も考慮しなければならない。
そして、インプラントを埋めたのはよいが、
最終的に入った歯は全く患者が持っていたイメージとは異なるということもあり得る。
さらに治療経過途中において、仮の歯もままならなくなり、
噛めないまま人前に出ることもある。

最終的に入る歯が予測できるガイデットサージェリー

そこで、インプラント治療を考えている方に、
紹介したいのがガイデットサージェリーという
インプラント治療の新たなシステムだ。ガイデットサージェリーは、
「予測するインプラント治療」
と言ってよく、術後の予測をCTデーターをもとに、
術者1人もしくは数人の歯科医や技工士、
インプラントコーディネーターらが協議して前準備ができた段階で
インプラントの埋め入れを行う方法で、インプラント治療が簡素化される。
そして、「このような歯が入る」という予測がつくので
インフォームドコンセントにつながり、より安全で患者の満足度に繋がる。
では、ガイデットサージェリーの特徴を簡単にまとめると、

1.CTのデータから高精度に骨や神経、血管、粘膜の厚みを把握する

2.CTデータの情報なので、インプラントの埋め入れの際切らなくて済み、
 腫れや出血も少なくて埋め入れ手術時間が短縮される。

3.CTデータから事前に患者の口に入れる理想的な仮の歯を
 コンピュータで予測して作り、その仮の歯を埋め入れ術後の直後には装着し
 日常生活を送ってもらうことができるということになり、
 歯医者に通う回数の短縮や口を開けて治療されている時間の短縮にもなる

ガイデットサージェリーは画期的で進化したインプラント治療だ。

ガイデットサージェリーの適応

1本のインプラントからオールオンフォー
(インプラント4本〜10本でユニットを作るインプラント治療)もある。
歯が1本もない場合まで適応するが、もちろん歯周病は治療されてから、
そしてヘビースモーカー、極度に強い咬み込みの患者はカウンセリングが必要だ。
内科的な疾患として特に重度の糖尿病、投薬を受けている
骨粗しょう症の患者は事前審査が必要だ。
なお顎の骨の吸収が大きい人は骨の造成を行ってからが望ましい。

最新の設備とチームワークの良さ

インプラント治療には、歯科医師とスタッフの連携が欠かせない。
手術の器具などを滅菌消毒する専任の管理スタッフをはじめ、
人工の歯を製作する技工士がいる。
手術後に歯を長持ちさせるために必要なメンテナンスを担当する
衛生士の役割も重要だ。
これらスタッフの連携により、質の高いインプラント治療が可能となる。

「自分で噛めるようになって 『生きることに自信がわいてきた』
という患者さんの声を聞くと、やりがいを感じます。
治療への不安やお金の問題などで悩む前に、まずは気軽に相談してください。」
と増木理事長。
北海道経済
※北海道経済「インプラント治療の最新技術」より掲載
ホーム  ≫ インプラント  ≫ インプラント治療の最新技術『これまでの治療法を変えるガイデットサージェリー』 




旭川駅前徒歩1分、車でのお越しは近隣の駐車場をご利用ください
詳しくはコチラ
診療時間

インプラントのご相談はお気軽にお問い合わせください エルム歯科へのお問い合わせ

エルム歯科Mailお問い合わせ
ノーベルバイオケア ストローマン シロナ ICOI