ホーム ≫ インプラント ≫ 滅菌センターを併設した最新設備で受けるインプラント治療

滅菌センターを併設した最新設備で受けるインプラント治療
 〜 「よくわかる歯科医療」の取材より

手術当日から噛めるインプラント治療

当院が、雑誌「よくわかる歯科医療」(日経MOOK:日本経済新聞出版社)の取材を受けました。
(※その時の取材内容を掲載しています)

医療法人愛和会ではガイデットサージェリーを導入し、
患者への負担が少なく、手術直後から噛むことのできる
インプラント治療を行っている。ガイデットサージェリーとは、
CTの3次元画像をコンピューターに取り込んで
シュミレーションし、治療プランに忠実な手術を行うというもの。

メスで切らずにインプラントを埋入するフラットレスにも対応。
手術時間が短く済み、出血も抑えられるため、術後早期の回復を期待できる。
「現在では、トップダウントリートメントといって、
最終的にどのように補綴を行うかを決めた上で、これを実現するのに
最も望ましい位置にインプラントを埋入していきます。
骨のあるところに埋めるのではなく、埋めるべきところに埋めるという考え方です。
当然、必要なところには骨がないというケースもあります。
その場合は、GBR、サイナスリフトといった方法で骨を増やすことができます。」
と増木英郎院長は話す。

例えばインプラント治療における骨造成に関しては、どの材料を使用するか、
配合をどうするかなど様々な考え方があり、増木院長はエビデンスを自ら確認し、
仕組みを把握した上で患者一人ひとりに合った治療を選択することができる。
大学院で骨粗鬆症の基礎研究に打ち込んだ増木院長の研究経験が
臨床に生かされている一例といえるだろう。

専任よる厳格な管理「滅菌センター」を併設

同院には設備面での大きな特徴がある。まず、広々とした手術室はガラス張りで、
中の様子をつぶさに観察することができる。
また、天井部の空気清浄器で空気中の雑菌をカットするなど、滅菌診療体制を徹底。

特筆すべきは、専任のスタッフが厳格に管理する「滅菌センター」だ。
滅菌処理の工程を緻密にシュミレーションした配置設計、
機材選定を繰り返して完成された。ガス滅菌器をはじめ、
世界の名だたる医療機器メーカーの最新機器が置かれ、
滅菌と消毒に特化したスペースとなっている。交叉感染を予防するために、
専任のスタッフによるここまで徹底した滅菌対策をする歯科医院は稀である。

インプラントによる包括的な口腔ケア

増木院長が大学院で研究した骨粗鬆症は、骨だけでなく
肝臓・腎臓・甲状腺など様々な臓器が関与する疾患である。
その研究経験をふまえ、増木院長は疾患を単独で診るのではなく、
複合的、包括的な視野でとらえている。
歯科治療においても口腔内の問題だけではなく、全身疾患とのつながりが重要になる。
「40代、50代になると歯周病で歯を失う人が増えますが、
この年代は糖尿病、高血圧、循環器疾患などの
生活習慣病が顕在化してくる年代でもあります。
私は中高年のお口のトラブルを生活習慣病のバロメーターとしてとらえています。
例えば、糖尿病の人は口腔内にも問題を抱えていることが多いと感じます。
歯は1本でも欠ければ他の歯に負担がかかり、骨の退縮も進むので
ますます歯を失うリスクが高くなります。悪循環を食い止める必要があります」

インプラント治療は咀嚼する機能を取り戻すことができるほか、骨の退縮を防いだり、
他の歯への負担を軽減したりと、長期的な口腔機能の維持に優れている。
愛和会グループのエルム歯科、あしたば歯科クリニックでは全身の健康を考慮した
インプラント治療に取り組んでいる。遠方から来る患者のために
宿泊施設を手配する体制も整えた。
今年20周年を迎えた同グループは3院合同のミーティングを頻繁に行って
チームワークを強化し、新たな10年に向けてスタートを切った。
 (取材/斉藤雅幸)よくわかる歯科医療(日経MOOK:日本経済新聞出版社)より

日経MOOK:日本経済新聞出版社「よくわかる歯科医療」
※よくわかる歯科医療「滅菌センターを併設した最新設備で受けるインプラント治療」より掲載
ホーム  ≫ インプラント  ≫ 滅菌センターを併設した最新設備で受けるインプラント治療 




旭川駅前徒歩1分、車でのお越しは近隣の駐車場をご利用ください
詳しくはコチラ
診療時間

インプラントのご相談はお気軽にお問い合わせください エルム歯科へのお問い合わせ

エルム歯科Mailお問い合わせ
ノーベルバイオケア ストローマン シロナ ICOI